10年間、行政書士としてクライアントの満足感をそこそこ満たしてきたと思っています。(自画自賛?)

コネ無し、人脈なしで始めた行政書士業務なので、契約、業務、事務手続き、雑務についてが、すべてがオリジナルであるという事実(同業に相談したりしない)にも笠原の中では特別な思いがあります。

今思えば、仮に今日の私がAくんに「行政書士やれ」と言われたらもちろん出来ますが、この10年の経験がない今日の私にAくんが「行政書士やれ」と言ってきたらたぶん困難を極めると思います。というより、おそらく無理です。その理由はいずれ、ここでつぶやいてみます。

行政書士として10年

人間として「事に対する”対応力”」はかなり上のレベルに達していると感じています。

加えて、大抵のことには動じません。

そんな中で最近、ちょっとしたことなんですが、関係のない事でクライアントさんに色々聞いてみました。相談というレベルではないですが、クライアントさんには世間話を超えた、資料を取り揃えるという手間が生じる「質問レベル」でしょうか。でも頼ったことには違いありません。

そこで思ったことは、「人に聞くと、やはり自分が楽」ということ。

考える必要が無いというか、とにかく楽です。

でも、これを常習してしまうと、自分の力が衰えるとおもうので程々に、これからもまたに「質問レベル」のことはしていきたいと思いました。