「対自賠責関係」の記事一覧(2 / 3ページ目)

後遺障害14級の9号、の勘

対自賠責関係

基本的に私にとって、クライアントのいう事は事実であるという前提でサポートをしています。私に裏付けは必要ありませんが、交通事故では裏付けが必要です。 全ての資料がそろって被害者からも諸々きいた後に、非該当になる理由が見当た […]

自賠責調査事務所が日本通運を利用

対自賠責関係

元ペリカン便の日本通院を自賠責調査事務所が使っているのですが、こちらとしては非常に使い勝手が悪いです。運賃が安ければ、自賠の保険料値上げも抑制できてよろしい事だとは思います。 でも、コールセンターに電話をして荷物を取りに […]

ヘルニアで12級の時

対自賠責関係

ヘルニアのような椎間板由来の残存症状(頚椎捻挫、腰椎捻挫を含む)が12級と認定される時、ではなく、認定されない時は、事前に「12級は難しいかもしれない」という否定的な思いが生じています。これは、必ずです。 つまり、12級 […]

自賠責や裁判所からの評価?

対自賠責関係

こうだから、こうなんです。 という具合に「説明」するとして、その内容がどれくらい評価されるかは、それを作成した者に対する評価と同じという事もあります。 その辺をわきまえておかなければなりません。

医師の紹介

対自賠責関係

医師の紹介は原則として行なっていません。 「戦略法務事務所=A医師」 という不自然な方程式が出来た時点で不利になるからです。 このあたり、適正なお支払いのために、やはりデーターとして持っているのです。 何事も自然が一番な […]

弁護士になった笠原 仁。

対自賠責関係

どうやら、笠原は弁護士となったようです。 これは結構ある事なんですが、昔は「戦略法務弁護士事務所」というのもありました。 行政書士は誰でもそうだと思いますが、一般的には司法書士と間違われます。 でも、「戦略法律事務所」と […]

ページの先頭へ