自転車で走行中に転倒し、ケガをしてから1週間が経過しています。

「脊柱を痛め損傷」「手術」という公表されている情報と、「完治のめどが分かるなど、状況が落ち着くまで説明を控えたい」という谷垣幹事長サイドの意向を踏まえれば、自民党が発表している「軽傷」との言葉の間にまったく整合性が無い事くらい誰だって解ります。

これで許される大人の世界は嫌いです。

予後が解らない中で、脊髄ではなく脊柱と表現しているところも脊髄損傷を隠しているという想像が働いてしまいます。