胸郭出口症候群で画像撮影~MRI

腕がだるい、痺れるなどの症状の原因の一つとして鎖骨下型の胸郭出口症候群である場合が意外と多く見られます。頚椎捻挫、肩打撲の傷病名の被害者に多いのですが、頚椎のMRIも肩のMRIも、両方の撮影を行ったとしても一番みたいところが写っていないのです。

困った事に頚椎捻挫等と症状が似ているので、大抵は胸郭出口症候群を前提とした画像の撮影が行われない=画像所見が見当たらない、という事にされてしまいます。

医師として事故の患者というより前に、目の前の患者の症状から原因を想像してもよさそうです。そうでなければ、交通事故で胸郭出口症候群になるのか?といった疑問すら出てきません。

外傷との因果関係以前に、症状との因果関係に「気付かない」のだと思います。

以上つぶやきです。

コメントを残す

<コメントは承認後に公開>

サブコンテンツ

笠原 仁?

<資格・免許>
行政書士 宅建士 簿記 小型船舶 中型自動車 自動二輪
 特定化学物質作業主任者 市川市公認スポーツ指導者 日本体育協会公認スポーツリーダー
<役職>
行政書士 所長 代表取締役 法務戦略責任者 みどりのおじさん
<加入団体>
千葉県行政書士会/日本行政書士会連合会/日本交通法学会/商工会

このページの先頭へ