天候の変化で生じる痛み。天気痛

ニュースで見たのですが天気痛外来(佐藤医師)をいう診療科では予約が8ヶ月先までいっぱいだといいます。

温度や気圧の変化で症状(痛みなど)が生じる事を指す言葉として天気痛という表現をするということです。悪天候時に発生する頭痛とかのことですね。交通事故の被害者には非常に多い症状と言えます。

天気痛に効果的な対処法は酔い止め薬をのむがのが良いらしいです。なるほど。確かにメカニズムを考えれば効果があるように思えます。

天気痛になりやすいチェックリスト

季節の変わり目に体調を崩しやすい
乗り物しやすい
耳鳴り
耳抜き
事故や運動で受傷した
不規則な生活
日々のストレス

天気痛のメカニズム

天候の影響で内耳が膨らむ>内耳のリンパ液が揺れる>現実環境と内耳による体の感覚にずれが生じる>交感神経亢進>痛みの神経を刺激

*内耳のリンパが揺れるー乗り物酔い

コメントを残す

<コメントは承認後に公開>

サブコンテンツ

笠原 仁?

<資格・免許>
行政書士 宅建士 簿記 小型船舶 中型自動車 自動二輪
 特定化学物質作業主任者 市川市公認スポーツ指導者 日本体育協会公認スポーツリーダー
<役職>
行政書士 所長 代表取締役 法務戦略責任者 みどりのおじさん
<加入団体>
千葉県行政書士会/日本行政書士会連合会/日本交通法学会/商工会

このページの先頭へ