肩の後遺障害はアレです。頚椎捻挫と比べれば12級とか。

頚椎捻挫では、12級!と思っても、自賠責の厳しいチェックで「明らかな本件事故による変化は見られない」と14級に留まる事が多いのですが、実は実は実はですよ。肩、つまり肩腱板とか肩拘縮、~損傷、炎症、破綻、断裂、~症など、肩の症状には色々な傷病名が付きますけれども、確定的な「肩捻挫」などのような画像所見が無いもの以外では、頚椎捻挫(ヘルニア)で12級を取るよりも、ずっとずっとずっとず~と肩で12級以上が認定される確率は高いわけです。

首も肩も年齢性の変化はああります。しかし、自賠責は肩には首や腰に比べれば、そこまで厳しくありません。

さらに、MRI撮影しても、問題なしと判断されて肩捻挫や肩挫傷と診断されても、結構な確率でMRI所見がきちんと取れていない場合が多いのです。「画像所見が無いもの」と考えるのは早く、適した撮影方法はもとより、肩のMRI画像を正確に見られ能力のある方に診てもらうっていう事が必要なんですね。

肩の12級が取れやすい1番の理由

神経学的所見の整合性が必要ないからです。

ヘルニア12級は、それはもう細部の細部まで神経学的所見の整合性や一貫性が見られますが、肩はそこまで見られないのです。

3 Responses to “肩の後遺障害はアレです。頚椎捻挫と比べれば12級とか。”

コメントを残す

<コメントは承認後に公開>

サブコンテンツ

笠原 仁?

<資格・免許>
行政書士 宅建士 簿記 小型船舶 中型自動車 自動二輪
 特定化学物質作業主任者 市川市公認スポーツ指導者 日本体育協会公認スポーツリーダー
<役職>
行政書士 所長 代表取締役 法務戦略責任者 みどりのおじさん
<加入団体>
千葉県行政書士会/日本行政書士会連合会/日本交通法学会/商工会

このページの先頭へ