結局、弁護士では少し分かりかねる部分を、より詳しく把握している行政書士に教示をしてもらおうということがあります。 それは当然だと思います。 後遺障害のて申請は「通常は行わないような細かいところかを 行政書士が行ったわけで […]