無料電話というジャンルでは、LIONE、GOOGLEハングアウト、DUO、facebookメッセンジャー、Skype、chatWorksなどの様々なサービスが有り、メッセージのやりとりもより多くあります。

サービス提供者は競争し合うことでよりよいサービスを提供してきます。

しかし、それらの利用者は本来の目的である「他人と連絡を取る」という部分で不憫です。なぜなら相手がおなじサービを利用していなければ連絡ができないからです。

士業

近年では「どこに依頼をしたら良いかわからない」という声を多く聞くようになりました。

サービス提供者が増えたとしても競争ができるレベルが良いですね。これを超えて増えすぎると、不当な値下合戦でサービスの質が悪くなったり、サービス提供者間で潰し合ったりすることで、本来の目的を果たすことができなくなります。

こういった状況になるとかならず強烈な禁じ手を行うサービス提供者が現れて、まじめなサービス提供者が採算が取れずに駆逐されていきます。それを一般的には時代の流れと言っています。